無料 会社設立アドバイス
HOME > セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

今の税理士に気軽に相談できない

今の税理士に気軽に相談できない	のイメージ

付き合いがあるから、今までお願いしているから、自社のお金の中身を全て見られているからなどの理由で、少しぐらい不満があってもなかなか変えられずにいる経営者様も多いと思います。

確かに変更は難しいかも知れませんが、昨今の不況の折、決算しか行わないような税理士に毎月顧問料を払うことは、無駄な経費を使っているという事以外の何ものでもありません。

いきなり変更という事は難しいと思いますので、まずはセカンドオピニオンという形で利用して頂き、顧問内容にご納得頂いてからご変更頂くと言うのはいかがでしょうか?
セカンドオピニオンを受けている事は現在の顧問税理士の方に知られる事はございません。

税理士のセカンドオピニオン

税理士のセカンドオピニオンのイメージ

医療分野のように、第三者の専門家に意見を求めるセカンドオピニオンが税金の世界でも広がっています。
『税金を払いすぎているのでは?』などの疑問を感じたら、第三者の税理士の意見を聞くことで解決できることがあるかもしれません。

いまの顧問税理士の判断は本当に正しいのか?
客観的なアドバイスを得ることで、悩みを解決してみませんか?

他の税理士の意見を聞いてみたい

他の税理士の意見を聞いてみたいのイメージ

税理士も人によって見る角度が違いますし、得意な分野、不得意な分野もあります。
取得している資格や趣味嗜好などによっても、税法の解釈も変わってきます。

今の顧問税理士が素晴らしい方でも、ある一分野だけをみると別の税理士の方が優れている場合もあります。

現在の顧問税理士を変えるのではなく、別の税理士の意見に耳を傾けてみるのも経営者としては必要ではないでしょうか?

次のような方にお勧めです

顧問税理士の質問に対する回答が遅いので、すぐ意見を聞きたい顧問税理士の説明が頼りないので、わかりやすく教えてほしい顧問税理士の意見に疑問があるので、他の税理士の意見を聞いてみたい顧問税理士は、ある分野については経験が少なそうなので、 その分野に関する質問のみ答えてほしい税務調査の結果、顧問税理士に修正申告をするように勧められたが、 その内容に納得がいかない先代からお願いしている顧問税理士は高齢なので、話が合わなくて相談しにくい将来的に顧問税理士は変えたいが、自社に合った税理士かどうか お試し期間を設けてから契約したい顧問税理士に言いづらいことを、事前に相談してみたいどのように顧問税理士に話せばいいか、教えてほしい経営上の悩みなどについて相談したい社内だけではなく第三者の客観的意見を聞きたい

もし、以上のどれか1つでも該当するものがあれば、当事務所のセカンドオピニオンサービスを受けてみてはいかがでしょうか?

大きな地図で見る

〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1168-1 カーサウチノ415号

ホームページを見たとお伝えください 045-978-3486

受付時間 9:00~19:00

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2012/03/02

新着情報が入ります。

2012/03/01

新着情報が入ります。